任意整理 デメリット ローン

任意整理のデメリットは?ローンが気になる

債務整理とローンの関係

 

多重債務で苦しむ人にとって任意整理は魅力的ですが、他の借金に及ぶ影響も気になります。特に住宅ローンを借りている人にとってはローン返済の行方が心配です。

 

また、これから借りよう場合に任意整理の情報が審査に及ぼす影響は気になるでしょう。

 

返済中のローンには影響なし

 

任意整理をしようとする際、現在借りている住宅ローンに影響が及ばないか不安に思う人も多いでしょう。しかし、心配には及びません。

 

なぜなら現在借りている住宅ローンは既に契約済みであり、住宅ローン自体の返済に支障がなければ契約が解除されるようなことはないためです。

 

契約済

 

このように住宅ローンの契約は返済が滞らなければ、住宅を差し押さえられたりすることはありません。もちろん任意整理をしたからと言って契約内容が不利になることもありません。

 

それどころか整理対象の債務を選べば、銀行に任意整理をしていることも知られないでしょう。

 

返済が続けばOK

 

要するに住宅ローンの返済が滞らなければ、あなたに対する銀行の信用は維持されるのです。

 

信用情報機関に事故情報として登録されるのは5年間だけですが、その間に必要もないのに信用情報を照会されるようなことはありません。

 

返済が続く限り、銀行は貸主に対する信用レベルを変えることはなく心配無用です。

 

将来の借入は制限

 

ローンが解禁されるまでの道のりは

 

ただ、これから住宅ローンを借りようと考えている人は注意が必要です。

 

多重債務の状態で住宅ローンの申込をしても審査には通らないので、任意整理をして多重債務を解消しようと考えるのは自然な話です。

 

ただ、任意整理をすると信用情報に事故情報が登録されるので、住宅ローンを含めた新規借入はできなくなるデメリットがあります。

 

銀行の情報は10年

 

信用情報機関の事故情報の登録は5年だから、5年後なら大丈夫だと思っている人も多いようですが、ひとつ落とし穴があります。

 

銀行系の信用情報機関は事故情報の登録が10年残るのです。

 

そのため、銀行系のカードローンなどを任意整理の対象にすると、10年間住宅ローンの借入が制限されかねません。つまり、任意整理をする際には相手を選ぶ必要があるのです。

 

銀行関係でなければならOK

 

逆の言い方をすれば、銀行関係ではない相手を任意整理の対象にすればいいのです。

 

任意整理は文字通り「任意」にする債務整理です。つまり整理対象の金融機関を選ぶことができます。

 

そのため、信販会社系の消費者金融やクレジットカードを任意整理対象にすれば問題はありません。

 

もっとも、この選択は素人では難しいでしょう。信販会社の資本系列や運営形態はわかりにくいからです。

 

このようなパズルを解けるのは事情に詳しい任意整理を得意とする弁護士さんだけでしょう。

 

住宅ローンを残せる任意整理

 

住宅ローンはそのままという選択も

 

このように任意整理はすべての債務を整理対象にする必要はありません。当然、住宅ローンだけ整理対象から外すことができます。

 

もちろん、銀行系のカードローンを整理対象から外すこともできるので、将来の住宅ローンに与える影響を少なくすることができるわけです。

 

また、冒頭に述べた通り、契約済みの住宅ローンには任意整理は全く影響を及ぼしません。

 

選べる整理対象

 

そんな都合がいい債務整理ができるのかと疑問に思われるかもしれませんが、自己破産のような法律的な債務整理とは違うのです。

 

法律に基づく債務整理は、全ての債権者に負担を平等にさせる必要があるため、一定の債権者だけ除外することはできません。

 

しかし、任意整理は「任意」なので、相手を選択することができます。

 

この選択にもコツがありますから、専門化である弁護士さんの助けが不可欠ですが、自分にとってベストの選択肢を提示してくれるはずです。

 

選択は難しい

 

もっとも、この選択は先ほど述べた通り簡単ではありません。

 

任意整理に限らず、債務整理は素人が勝手にできるものではないと言われる理由です。

 

このようなデメリットを解消するために弁護士さんに依頼するしか方法はありません。

 

プロに任せて安心

 

やり方は一つじゃないけれど

 

もっとも、弁護士さんに依頼すると費用が掛かるデメリットがあると言われます。

 

ただ、弁護士さんに依頼することで将来の多重債務が解消され、返済額自体減らすことができるメリットがあります。

 

このメリットとデメリットを比べればメリットの方がはるかに高いです。

 

債務整理を弁護士さんに依頼するメリットは、ただ単に交渉や手続をしてくれるだけではなく、将来を見据えた組み合わせを考えてくれることも大きなメリットなのです。

 

最低限のデメリットで乗り切ろう

 

このように弁護士さんに依頼することで、ただ単に自分の手間がかからずスムーズに任意整理が進むだけではなく、将来の問題点も解消することができるのです。

 

任意整理にはデメリットがあるのは確かですが、プロの弁護士さんに依頼することでデメリットを最低限に留めることができるのです。

 

弁護士さんの無料相談を活用しよう

 

債務整理を得意とする弁護士さんは最初の相談料を無料にしています。

 

そのため、お金に余裕がない多重債務に苦しむ人も安心して相談ができるはずです。一度、電話などで確認してみてはいかがでしょうか。

 

住宅ローンを借りている人も、これから借りようとする人も、多重債務は早めに解消したいものです。

 

任意整理は多重債務の解消に一番適した方法ですが、整理対象を間違えると将来に影響が及びます。

 

信販会社や消費者金融は銀行系になっている事もあり、自分だけではわからないことが多いです。

 

プロの助けを借りることで住宅ローンに影響を及ぼさない任意整理が可能です。

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。