借金を返さず放っておくとどうなる?

放っておいても解決しない

金利アップするだけ返済も苦しく

借金は放っておいても解決しないと言われますが、具体的にはどのような結果になるのでしょうか?

 

これからお金を借りようと思っている人はもし借金をそのままにしておいたらどうなるのかきちんと認識しておかなければなりません。

 

 

まず借金をするということは金利がかかってきますので、1日でも返済が延びればその分多く返済しなければならなくなります。

 

たとえば消費者金融でお金を借りるとおよそ年率20%の金利がかかりますが、これは1年間を返済期間とすると120万円を返さなければならない計算になります。

 

1年間で20万円も増えればその分返済は苦しくなりますし、元金が大きければさらに金利も多くなりますのでより返済が厳しくなるでしょう。

 

ですからお金を借りたらできるだけ早めに返すことを心がけ、収入が入ったら何よりもまず返済をするようにしてください。

 

 

借金が返せないからと言って放っておいてもどんどん金利が膨らむだけですから、もし返せなくなったら債務整理をするなど早めに解決することを目指して動き出しましょう。

 

多重債務は一度はまってしまうと抜け出すのが非常に難しいと言われており、その多くは金利に悩まされています。

 

お金を借りるなら金利についての知識もしっかり学び、十分にリスクマネージメントをしたうえで借りてください。

 

この手の情報はインターネット等でも見れますので、専門サイトを探して情報取集しておきましょう。

 

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。