多重債務者はお金を借りられないのか?

多重債務者はお金を借りられない

多重債務になると借金の返済が遅れたり、滞納したりするようになりますが、そういう状態になると他からお金を借りることができなくなります。

 

たとえば消費者金融から借金をしている場合、ほかの消費者金融はもちろん銀行や信販会社の金融商品の利用もできなくなりますしクレジットカードも作れなくなる可能性が高いです。

 

 

これは返済の遅れや滞納が信用情報機関に記録として残るからで、この記録が消えない限り審査には受からないでしょう。

 

金融商品に申し込むと必ず審査が行われ、その人の信用状況の確認が行われますがそのときに利用されるのが信用情報機関なのです。

 

 

一度でも記録が残ると一定期間消えませんから、借金を借金で返すこともできなくなります。

 

信用情報機関はブラックリストとも呼ばれ、よくブラックでも借りれるという宣伝文句を記載するサイトがありますがこれは基本的に信用しないほうがいいでしょう。

 

 

そもそも返済の遅れや滞納がある状態で借金をしてもさらに返済を苦しくしてしまうだけですし、できるだけ早い段階で債務整理をしたほうがその後の生活再建も早くなります。

 

もしこれからお金を借りようと思っているなら、一回の滞納が人生を狂わせてしまうかもしれないということを肝に銘じて借りるなら期日までに必ず返すようにしましょう。

 

債務整理をしていなくても一度の遅れでその後金融商品の審査がなかなか受からなくなった事例は決して珍しくないのです。

 

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金返済のコツの詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。